ヨーロッパ周遊卒業旅行'00

#04リンツ&ウィーン|オーストリア編|ヨーロッパ33日間卒業旅行ひとり旅

*このページには自動広告が表示されます。広告により無料で情報提供しています


リンツ&ウィーン<1日だけの滞在>

2月2日(水)晴れ
オーストリアに向かう国際線にて国境はなんなく越えられた。座席で簡単なパスポートチェックを受けただけだった。10時半にミュンヘンをでて、12時半にオーストリアのザルツブルクに到着。通貨を用意していないのでATMでワールドキャッシュで400シリング(3200円)降ろした。駅構内にATMがあって便利だった。レートは1As=8円ぐらい。

駅のトイレに入ろうとしたら張り紙で7Asとあった。お札を下ろしたばかりで小銭がなくどうしたもんかと考えたが、とりあえず入るとおばさんがいたので試しに余ったドイツマルクのコインを出してみた。しかしやはり首をふられた。仕方なく100シリング札をだしたらちゃんとおつりをくれた。チップ感覚で考えていたけどちゃんとお釣りをくれるものなのね。

ザルツブルクではウィーン行きの列車に乗り換えて途中のリンツという街で降りた。とくに何があるという街ではなく用もなかったのだが、今夜乗る予定の夜行列車にこの駅で乗ると都合がよかったからだ。もちろん初めて訪れた街だし、何かあるかな・・という期待は持っていた。

列車を予約してから暇つぶしにさっそく市内観光。少しぶらぶら歩いていくとYHの看板を見かけた。泊まる予定はないがどんなYHなのかなと行ってみることにした。ほどなくYHを見つけた。

・・・古い。。。
昨日の古城YHとは大違いのくたびれた建物です。

何か軽食を買おうと小さな八百屋のような店に入った。店先にはフルーツが積んであり、店内には食料品が所狭しと並んでいた。これといったものもなかったのだが、菓子パンとペットボトルのジュースを買った。
パンをもぐもぐ歩いて行くと教会が目に入ったので入ってみることにした。パンがまだ食べ終わらないので教会の目の前のベンチに座ってもぐもぐ。教会を見上げる。おもむろにカメラをかまえてうまいトリミングを探す。だんだんふんぞりかえっていったので通行人に変な人に見られたかも。

リンツはショッピングが楽しい街だ。若者向きのカジュアルなお店があちらこちらにあったのでウインドーショッピング。好物のお酒「モーツアルトリキュール」のミニチュアサイズを買った。チョコレートのリキュールで牛乳で割るとおいしいのだ。ミルクチョコ、ホワイトチョコ、カプチーノの3種類ある。原産国はドイツなのだがドイツでは買いそびれた。

「10Asショップ」なるものを見つけたので入ってみた。日本で言う「100円ショップ」だね。置いてあるものも似たようなものだった。 そこで靴のかかと用中敷を買った。これは後々重宝した。今回履いてきた靴は茶色い編み上げのロングブーツ。日本で履き慣れていた靴だったのだけど、旅では普段の何倍も歩くのでさすがに足がしんどくなってきた。この中敷をかかとではなく足先の方にしいたらなかなか快適になった。

駅へ戻ったのは17時過ぎ。夜行列車は23時発なのでまだだいぶ時間がある。でもリンツではもうすることがない。
「よし、ウィーンに行ってみよう」
これからのる夜行列車の始発はウイーンみたいだから、ウイーンから乗ってしまおうと考えた。

そしてリンツから電車で約2時間、20時頃ウイーンに到着した。
出発まで1時間ぐらいしか時間がなかったので街歩きはあきらめた。そこで探したのは「シャワーサービス」。ヨーロッパの主要都市の大きな駅にはたいていあるときいていたのだけど、今まではあまり見かけたことはなかった。しかしウイーンの駅で初めてシャワー室を発見☆。ドキドキ中に入ると係員のおばさんがイスに座っていた。シャワールームは個室になっていて2つあった。普通 のトイレの4倍ぐらいの広さでシャワーが1つとイスが1つ。時間制で30分42As(=約340円)。5分前になったら声をかけるとのこと。駅のトイレで裸になっているような気分でなんだか落ち着かなかったけれど、リフレッシュできて大満足。疲れも取れた。
あらためてウイーン駅を見渡すとやたらとたくさんの日本人が目に付いた。ツアーみたいだったけどこんな時間にどこへ行くのだろうか。
駅内のマーケットで夜食を買い込んで夜行に乗り込んだ。EN466チューリヒ行き。予約はリンツからしていたので、念のため車掌さんにレイルパスを見せてウイーンで乗り込んだ事情を申し出たが問題はなかった。

これから向かうのはスイスの有名な山岳リゾート「サンモリッツ」。目的は車窓風景が素晴らしいことで有名な「ベルニナ急行」に乗ることだ。
オーストリアからサンモリッツに行くには直通はなく何度か乗り換えが必要で少し不便。夜行便でちょうど良い接続があるかどうかを事前にトーマスクックで調べておいた。

すっかり眠りこけていたけれど、最初の乗り換えSargans駅の手前でパスポートチェックで起こされた。時間は5時過ぎだった。Sargans駅で30分ほど待つ。あたりはまだ薄暗く静まり返り、人は2~3人いるだけ。暇なので駅をうろついてみた。お菓子の自販機があったのでなんか買おうかなと思ったけど、ここはもうスイス圏、スイスフランがないので買えない(ToT)。クレジットカードが使える電話ボックスがあったので自宅に電話を入れてみた。しかし誰も出ないのであきらめた。
電車がきて乗り込む。でも30程走って着いたChur駅でまた乗り換えのため下車。20分待ってまた次の電車に乗り換え。そして走ること2時間、朝9時頃にやっとサンモリッツに到着した。

いくら @ひとり旅歴26年

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約26年、世界40カ国150地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。
プロフィール詳細はこちら>

関連記事

  1. #02ハンブルクと初の夜行列車|ドイツ編|ヨーロッパ33日間卒業…
  2. #06ティラノいきなりストライキ!|イタリア編|ヨーロッパ33日…
  3. #09ミラノとユーロライン|イタリア編|ヨーロッパ33日間卒業旅…
  4. #19ソウルと旅館|韓国編|ヨ…
  5. かかった費用と旅カレンダー|ヨーロッパ33日間鉄道の旅2000
  6. #01出発フランクフルトへ|ドイツ編|ヨーロッパ33日間卒業旅行…
  7. 格安航空券と準備|ヨーロッパ鉄道の旅2000
  8. #08最大のピンチinヴェネチア|イタリア編|ヨーロッパ33日間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

カテゴリー記事一覧

  1. 1997paris
PAGE TOP