ヨーロッパ周遊卒業旅行'00

#15バルセロナからパリへ|フランス編|ヨーロッパ33日間卒業旅行ひとり旅

*このページには自動広告が表示されます。広告により無料で情報提供しています


2月19日(土)晴
7時過ぎに起床。身支度しているときふとあることに気がついた。
ロッカーにしまっておいた昨日購入したお土産がない!?
朝からいや~~なハプニング。。。とりあえず朝食たべて落ち着いてこーちゃんも一緒に探してくれたが見つからない。。。昨日夕食を一緒したBさんが得意のスペイン語でホテルの人に相談してくれた。けれど結局みつからなかった。確実に宿泊者が盗んだんだろうな。貴重品ではないからと油断した。くやし~~!
3日間お世話になった宿パラウを10時にチェックアウト。今夜の夜行バスでパリに戻る予定だけど、それまで時間をどうすごそうかな。まずメトロにてサンツ駅へ行き駅のロッカーにじゃまな大荷物を預けた。
さて、街の散策でもしよう。途中、電話屋*にて自宅に電話をかけた。
※電話屋:ネットカフェみたいなかんじにブースに別れて電話をかけることができる店。店番の人は頭にターバンを巻いたアラブ系っぽい太った人で入るのに勇気がいった。

電話屋を出て先日こーちゃんにおしえてもらったレストランでランチをとる。そしてエルコルテにいってまたお土産を買った。予算が下がってしまったのはやむおえない。。。それからネットカフェへ。ここでこーちゃんと遭遇(あはは)。ちょっとネットしてから店をでてこーちゃんとともに昨日みつけたMangoのアウトレットショップへ行きシャツを1枚買った。エルコルテへ戻る。いろいろみていたらこーちゃんとはぐれたのでまぁ、いっかと一人街歩き。ベネトンでセーターを1枚買った。
18時、メトロで荷物を預けた駅に戻る。マーケットで夜食などを買い込んで夜行バスの旅に備える。パリまで12時間以上かかるのだ。

出発予定時刻20:00より少し遅れてユーロラインバスは出発した。満席でとても窮屈だった。これではパリまでしんどいな~。

パリ再び 

2月20日(日)晴
うとうとと半分寝ていたが(さすがにぐっすり眠れません)深夜に一度国境で起こされてパスポートチェック。その後は5時ごろと8時ごろに休憩をはさみ、9時30ごろにやっとパリのユーロラインターミナルに到着した。ツカレタ。。。

パリに戻った理由は、1週間前に再発行をお願いした帰りの航空券を受け取るためで明日がその1週間目。なので今日はパリに滞在して適当に時間をつぶすことになる。
まずはロッカー代のため、残っていた20マルクをフランに両替した。荷物をロッカーに預けてユーロライン窓口で明日のロンドン行きの夜行バスを予約した。
それからターミナル近くにあるホテルイビスへ入る。ここに大学の友だちが泊まっているかもしれない可能性があるのだ。(友人は別グループでパリに卒業旅行中)でもフロントで聞いてみたがいなかった。イビスホテルはチェーンだから他のとこなのかな。

さて、今夜の宿を探すべくメトロで街に出た。今日の宿はモンマルトルの丘近くのちょっとおしゃれなホステルに決めた。幸い部屋も空いていたのですぐに予約。壁紙が印象的な食堂兼ロビーには宿が飼っているらしい黒猫が1匹いた。

今夜の宿も確保できたしホッとしたところでチェックインの時間まで街の散策に出かけた。パリは何度も来ているのでコレといって行きたいとこもなくぶらぶらと歩く。日曜日なので街のほとんどのお店はしまっていて静かだった。メトロで移動してターミナルに行き、ロッカーに預けた荷物をとりだす。宿に戻って荷物を置いて一息。宿で掃除をしていた黒人のお兄さんにナンパされた。
宿のロビーでくつろいでいると日本人のお兄さん(ひとり旅中)に声をかけられ、夕食に誘われて出かけた。宿近くのレストランでかんたんにサラダとチキン。一見おとなしそうなお兄さんだったけど、いろいろと話は弾んだ。それからモンマルトルの丘に登ってパリの夜景を見た。とってもキレイだった。宿に戻ってもロビーで談話。
10時すぎごろに部屋に戻って就寝。

パリからロンドンへ  

2月21日(月)晴

7時過ぎに起床、朝シャワーでさっぱり。宿で朝食を取ったあとすることもないので10時過ぎまでゆっくり過ごす。昨日のお兄さんがいたので写真を頼んで取ってもらった。黒猫ちゃんと一緒に♪

それから大韓航空会社のパリオフィスへ行き、再発行された航空券を無事受け取る。
これで国に帰れる!ホッとした瞬間。

街をぶらぶら。ひまだなぁ。途中小さな旅行会社があったので立ち寄って「ブリットレイルバスはあるか?」とたずねたら「無い」というか「知らん」という回答。。。しょぼ~~ん。
※ブリットレイルパス:ヴェネチアで盗まれた英国の列車周遊チケット。
日本でしか手に入らないのかな。暇つぶしにルーブル美術館に入った。2時間ほど見学。

さて、そろそろ夜行バスの時間だ。ガリーニ駅のアウチャンマーケットで夜食の購入。バスターミナルはすぐ近く。ロンドンまで再び長い長いバスの旅が始まる。

ところで、パリ(フランス)とロンドン(英国)の間には海があるのにどうやってバスで行くの?と疑問があるが、実はバスごと大型フェリーに乗るようです。国境ではお決まりの入国検査があります。イギリスはこれが厳しいと有名。高失業問題に悩むイギリスでは不法労働者を排除すべくかなり厳しい検問をやっているそうな。たとえば、帰国の航空券がないと入国拒否され、来た道を戻される(強制送還)になるらしい。

いくら @ひとり旅歴26年

投稿者の記事一覧

旅とWEBを愛する普通の会社員。旅歴約26年、世界40カ国150地域くらいを旅した。本業はWEBマスター。
プロフィール詳細はこちら>

関連記事

  1. #06ティラノいきなりストライキ!|イタリア編|ヨーロッパ33日…
  2. #17フォークストンと素敵なB&B|イギ…
  3. #07予定外のローマ|イタリア編|ヨーロッパ33日間卒業旅行ひと…
  4. #14バルセロナYHの愉快な仲間達|スペイン編<…
  5. #11パリと航空券再発行|フランス編|ヨーロッパ33日間卒業旅行…
  6. #12アリカンテ同級生との再会|スペイン編
  7. かかった費用と旅カレンダー|ヨーロッパ33日間鉄道の旅2000
  8. #05サンモリッツYH秘密の地下室?|スイス編|ヨーロッパ33日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー